クセによって目立ってきたシワにはボトックス注射

subpage1

シワは同じように見えても実は症状によって種類が異なっています。



組織の衰えにて筋肉などの力が弱まり皮膚が垂れ下がってできるのが老化現象で、いつもの習慣によってできるのが表情じわと呼ばれているのです。



この表情とは、たとえば眉間にシワを寄せるという言葉がありますが、眉間にシワを作るクセがある人は、そのせいで線がとれなくなり常に不機嫌そうな印象を他人に与えてしまうことになります。



皮膚に刻み込まれたシワは長年の表情から現れたものなので、そう簡単に改善することがないばかりか悪化していくことも多いです。

ボトックス注射は、こういった表情からできたシワを改善していく効果が期待できるものです。


有効成分を気になる部分に注入するだけなので時間をかけずに施術を受けることが可能ですし、注射をする際の痛みが怖い人には事前に麻酔を施すことで痛みを和らげてくれるので安心して利用できます。

そんなボトックス注射は眉間のほか、長年の表情が原因でできたシワならば対応できるようになっています。
普段から表情豊かに笑うことが多い人は目尻に線が現れることがありますし、目を大きく見開くのがクセになっている人は、おでこのシワが目立ってくることもありますが、これらすべてに適用させることが可能なのです。

また、その症状の進み具合を見極めながら、注入する成分の量を加減していけるのもボトックス注射の魅力だと言えます。
初期の段階の人はもちろんですが、もう治らないだろうと思われるような線でも量を調整することで改善していくことができます。